本文へスキップ

同業者が認める腕の良い美容師・理容師一覧!カットスペース・ノア 河端俊成先生

電話でのお問い合わせは048-578-7460

お問い合わせはこちら

カットスペース・ノア 河端俊成先生

隣のお兄さん・・実は・・

河端俊成

どこにでもいるお兄さんに見えたんですが・・

2012年9月20日13:15ごろ今回取材にお伺いした、カットスペース・ノアの河端先生。永田駅の前に店があるということで、お伺いしました。

店は理容室で黄色い建物。目立ちます(汗)

どんな方が店主なのだろうと、小生がそっとドアを開けてはいる・・
すると・・「こんにちわー」という笑顔と、爽やかそうな隣の家にいそうなお兄さんが迎えていただきました。
店内には奥様もいらっしゃっていて、一緒に働いているといとですが・・
なんとすごいことが発覚!!それは後で書きます(笑)

チャレンジしていくこと

河端俊成

お客様にとっての良いものを日々追求

お客様は、男性8割女性2割の比率の理容室。
なぜ美容室ではなく、理容室なんですか?とお聞きしたところ、
「親が床屋で苦労した場所だから。」ということと、師匠が「世界チャンピオン」で、その方が理容を勧めたということです。
今ままで仕事をしてうれしかったことは?との質問に、
「円形脱毛症のお客様が来て、自分の住まいか、ここでしか気が許せなくゆっくりできない・・」といわれたときだそうです。
なるほど、つまり、そのお客様にとっては、カットスペース・ノアはかけがえのない場所を提供していることになる。

よかったこと・・

河端俊成

4代目として

河端先生は4代目の生粋の理容師である。

良かったことは?と小生が尋ねましたら、
「中1と小5の子供がいるんですけど、どちらも店を継ぎたいといってくれるんですよね。私が一所懸命仕事をやってきた証というか、そういうものを見ていてくれたんだなと思うと、それだけで仕事として大成功です。」

うれしく微笑む河端先生は、幸せそうでした。

河端俊成

支えるということ

写真の受付にいる方は、河端先生の奥様。

きれいで清楚な方で、てきぱきとした印象。河端先生を公私共に支える存在です。

その奥様が理容室でエステを行ったところ、口コミで女性客が増えたといいます。

ご主人の河端先生とは23年間先輩後輩の間柄だったそうで、23年間一緒にいる仲の良い夫婦と先輩後輩という関係なんですね。

なんか、うらやまし〜〜す(by小生))

河端俊成

そして店内を見渡すと・・

なんと、数々のコンテストのトロフィー。

すごいの一言。中々いません、このような方は。東京でも中々いないのですから、深谷市の永田という土地柄では、通常まず見ないです。

師匠が世界チャンピオンというのが頷けます。

そして河端先生の人生は、仕事と修行の繰り返し。
ハードに働いて、食事する時間もないくらい一生懸命技術を磨いたそうです。

そんな河端先生がたどり着いたところが、永田駅前にある代々受け継がれてきた「カットスペース・ノア」。

埼玉県深谷市永田155−3 TEL:0120-792322 技術は間違いなく超一級です。

深谷人として

河端俊成

夢・・

河端先生の夢は、一人でのんびり自分を指名していただけるお客様に、しっかり時間を使って、時間に終われないような仕事を提供したい。そんな場所を景色のいいところで作りたいそうだ。

なるほど・・理容師というより、物事を徹底的に追求するアーチストの考えに通じるのではないかなと小生は思う。

そして、先生は大事にしている言葉がある。

それは、「1日終わって怪我していなくて子供たちも元気で笑顔が一番」

そうだよなぁ・・どんなに仕事がうまくいって大金持ちになっても、子供が元気なく家がめちゃくちゃだったら、意味ないよな・・と小生も共感する。

そして、最後に河端先生の奥様が言った言葉が印象的だ。

小生:奥様、夢は何ですか?
奥様:子供たちです!(キッパリ)
「がんばれー!カットスペース・ノア!」小生は、心で叫びながら、お店を後にしました。